1/6

多田さんが尊敬されている方とその理由を教えて下さい!

質問いただきありがとうございます。最初に思い浮かんだ尊敬する人は、Google の時の同僚でした。その人は発想力、表現力、論理力のいずれも高いレベルで兼ね添えていました。思いつく要素を書くと、 発想力 ・着眼点や切り口がユニーク ・高い視座だけではなく、現場感覚も優れている ・視野が広い (見ている領域が広く時間軸が長い) ・視点が多い ・相手 (例: クライアント) に新しい気づきを与え続けている 表現力 ・データや情報からの意味合い、自分の思考を適切に言葉にできる ・明確なコンセプト提示 ・的確なキーワード選定。意図を持って使い続け、共通言語にしていく ・相手や状況に応じてマテリアルを使う (例: ドキュメントとスライドの使い分け) ・資料が美しい (自分なりの美意識が反映されている) 論理力 ・全体像の設定と構造化 ・常にどんな意味があるかを考えている ・論点を明確にし仮説にする。検証方法もセットで持っている ・机上の空論ではなく、データと現場感覚、顧客視点が土台になっている ・再現性が高い。横展開や応用が広くスピードが早い ・人に教えられる、育てることができる ・代替案がある 性格は私とは全く違いましたが、よく議論したりして、その都度自分とはレベルが違う高いハードルを感じていました。今も時々刺激を受けています。 質問いただきありがとうございます。文字にすると、自分はまだまだだとあらためて思いました^^; また何かあればぜひ質問ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク