10/27

ベイズ推定における逆温度パラメータって具体的に何を制御しているものですか?(最尤法とのつながりなどでよく出てきますが...)

「対数尤度+正則化項」という損失を考えると結局正則化の効果度(逆温度が大きいほど弱い正則化,無限大への極限で最尤法)と捉えることになりますが,そもそもベイズ推定だと損失最小化推定量が目的でないので「事後分布の形状」を司るということですかね

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください