1/17

婚活の際、男性とコミュニケーションがうまく取れず困っています。
普段の日常と婚活中に男性と過ごしている時間のギャップが激しく、いつも辛くなってしまいます。
私は女子校出身で、卒業後は高齢男性が多い職場に就職しました。話を合わせる為にラーメンや野球、カメラ、ゲーム、昔の漫画等の趣味を勉強してきました。赤提灯のようなお店にも行くようになりました。
それなりに好きではありますしお話は出来ます。
でも、コミュニケーションの一環として勉強したもので本心から大好きではなくて、元々の趣味には負けてしまいます。
周りには女子校育ちで男友達が1人もいないような子が多く、休日はカフェでおしゃべりや買い物をしています。趣味はカフェを調べることと、海外旅行とそのためのせつやく貯金です。男性からしたらつまらないでしょうが、そちらが素です。
婚活を始めてから、私がこういったラーメンや赤提灯、男性が好みそうなものに多少知識があることを伝えると
結果的に普段のデートでもそういったことをしても大丈夫な方を求めている方に出会うことが多くなっている気がします。
(とら婚さんのツイートを見てプロフに文面を入れました)
私が好きなお店を提案してもほぼほぼ却下されてしまい、こちらもお相手に合わせるのですが最終的に限界が来てしまいます…
お相手もお相手なりに美味しいお店を教えてくださっているのはわかるのですが、日常とかけ離れすぎていていつもつらいです。
お店を知らされず、2回目のデートで綺麗系のワンピースを着ていて、その服を着ていて連れて行くのは恥ずかしいと言われたこともあります。
また、最初はおしゃれなお店を提案してくださっていたお相手も私が赤提灯系が大丈夫(というか露骨に嫌がらない)とわかると、お店の提案を変えられます…無理していたことがこちらに伝わると、私も自分の意見を伝えにくいです。
接しやすさを装うことが上手くいかない要因を作っている気がします。
もっと強くこちらの意見を伝えた方が良いのでしょうか?私の男運が悪いのでしょうか?
アドバイスをお願いいたします。

ご質問者様、色々努力をされていて限界が来てしまったのですね。まずは内容を整理していきましょう。接しやすさを装う事が上手く行かない要因を作っている気がします。とご自身で答えの核心を理解されているのは凄いです。 男性の好みの物を勉強してご自身の知識として話題に組み込むのは素晴らしい事ですが、肝心の部分が抜けております。ご質問者様が結婚で求めている事はどのような事でしょうか。結婚をゴールにしてしまい無理をして相手に合わせると、結婚前までの観点だけになってしまい、結婚生活は辛い気がします。ご質問者様は十分に頑張りました。これからはその努力の方向性を変えてみましょう。もし結婚後の事も考えて男性と会話をするきっかけを何とか増やしたいと思うのならば、ご自身が増やしても問題ないと思える話題を色々試して増やすのが良いかと存じます。頑張るのは良い事ですが、それと同時に無理をして辛い思いをする必要は無いのです。少し考えて頂きたいのがカフェ巡りを好きだと言っているが本心では嫌がっている方と、心からカフェ巡りを好きだと考えている男性はどちらが好印象でしょうか。無理にして話しているな、と感じてしまう話題は無理に追加する必要は無いのです。あくまでもご質問者様の心も伴って始めて効果が出る物と考えて頂いて良いかと思います。 基本に忠実に内容を実行しようとしているご質問者様は良かれと考えて行っている事が裏目っていると考えらますので、今後は本心を打ち明けられて素のご質問者様が話していて居心地が良いな、と思える方を探すのが良いかと思います。もし他にもサポートが必要でしたらご相談お待ちしております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク