2/9

マーケティングを恋愛に例えるとしたら、どんな風な説明になるでしょうか?

質問いただきありがとうございます。マーケティングで目指す顧客との関係は相思相愛、いわゆる両想いです。 ・自分たちの商品・サービスを買ってくれる顧客を見極める ・顧客からしても、自分の好きな相手 (企業) から買いたいと思える 提供者と利用者でお互いに相手を尊重し、絆が生まれている状態です。 ここからマーケターの役割も見えてきます。マーケターは商品・サービスと顧客を結ぶ 「仲人」 です。 マーケティングでは、認知から始まり愛着まで到達するプロセスがあります。これも恋愛に例えると、 ・まずは相手の存在を知るところから [認知] ・相手が気になる存在になる [興味] ・相手のことをもっと知りたい [理解] ・初めてのデート [新規購入] ・2回目のデート [リピート購入] ・深い恋人関係になる [愛着] 恋愛関係が長く続くかは、お互いが相手をどれだけ理解しているかです。マーケティングも同じで、大事なのは顧客理解なんですよね。 マーケティングではターゲット顧客を設定し、顧客像を理解します。さらに 「ターゲット課題」 を見極めます。ターゲット課題とは、顧客課題のうち自分たちが注力して対応する課題です。 商品・サービスから顧客が抱える問題を解決し、価値を提供します。恋愛もお互いが相手にとって、他の人にはない特別な価値があるからパートナーになりますよね。恋人という関係性は、マーケティングでの顧客と提供者の関係に当てはまり、目指したい関係です。 回答は以上です。答えになりましたか? またよければ質問をいただければうれしいです。質問ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク