8/31

最近の「ノンセクシャルという言葉を使わないでおこう」という流れがとてもしんどいです。わたしはノンセクシャルという言葉を知ってとても救われました。大切な言葉です。なのに「わかりづらいから」「日本でしか使われていないから」などの理由で排除しようとしている人たちがいます。どうか助けてください。

まず「あなたがノンセクシャルという言葉を使うこと」は他の誰にも奪えない権利です。そしてにじいろ学校はその権利を全力で守ります✋ 「ノンセクシャルという言葉を使わないでおこう」というのは最近出てきた話ではなく、当団体が知っているだけで既に1年ほど前から言われていた話です。 日本ではアセクシャルという言葉が入ってきた2000年代から「アセクシャル=恋愛感情も性的欲求も他者に向かない人」といった意味で使われて、広まっていました。海外とズレていると言われてるのはこの意味から来ていると思います。(海外ではアセクシャル=性的欲求が他者に向かない人とされている) わかりづらいというのも「ノンセクシャル=ロマンティックアセクシャル」なので「アセクシャルを名乗ればいい」といったとこらから来ているのではないでしょうか。 要は『最初に広まってしまった「アセクシャル=恋愛感情も性的欲求もない」といった間違ってる意味を払拭して「アセクシャル=性的欲求が他者に向かない(恋愛感情は関係ない)」と意味を浸透させたいが、ノンセクシャルという言葉があるとわかりづらくなってしまうので、あまり使われないようにしたい。』というような考え方かなぁと思います。 当団体でも「アセクシャル=性的欲求が他者に向かない(恋愛感情は関係ない)」という意味を広めたいという思いはありますが、その為にノンセクシャルという言葉を排除しようとするのは違うかなぁと思います。 それよりも「アロマンティック=他者に恋愛感情が向かない」という言葉の知名度を上げる方が効果的かなぁと思います✋ 長文になってしまいましたが、にじいろ学校では今のところこれからもノンセクシャルという言葉は使い続ける予定なのでご安心ください☺️

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク