4/8

同じ学科に友達ができないです。
どうすればいいですか?

入学してしばらくの大変さは推察します.私も毎日ずいぶん疲れたことを記憶しております.新しい場所は落ち着く場所もみつけにくいですね. うまく伝えられるか不安ですがとりあえず以下のように考えてみました. まずは,それほど焦ることはなくて,このあとの宿泊行事や講義(まだ学科の専門の授業もはじまっていませんね)で苦労をともにすることで自然と言葉をかわす人は増えるでしょう. 焦るなと言われても…いうのも最もなので,この他の案として,一人でいても消耗しないような本をよんだり,音楽を聞いて過ごす.学内(蔵書は少ないですが図書館がおすすめです)や近所をあるいてみるなどしたらあっという間に日を過ごせておすすめです. この他にも,自分が所属している(と思う)集団や友人を自分なりに設定してみることがおすすめです.自分が学科に友だちがいないと思うのならば「学科に友だちが(まだ)いないと思っている人」の集まりでおそらく多数派でしょうし,他の学科に友だちがいる(できそう)ならばこれもチーム支援を掲げる本学の学生として立派なことです.下宿をしていれば保護者や遠方の友達がより大切に思える時期ですね.研究室を訪ねて先生方を友達(もちろん一定の礼儀は必要ですが)だと思いこんで大学のことや研究のことを話してもよいでしょうし,これは大学生でなければできないことです. しかし,そもそも,よい友人は長い付き合いでできるので,すぐに行動をともにするようになった人が最適とは限りません.一つの学科・大学,あるいは世界に一人いるかいないかの個性が何年かたって出会うといった困難な条件の中から出来る友人のほうがずっと貴重ではと思いますし,自分自身を友人としてうけいれて一人でいる人も立派だと思いますよ.