12/19

「若者のジーンズ離れ」と言われてますが、イージーパンツの方が機能性がいい為、履いてるのですか?
長谷川昭雄さんが「多くの人が服にお金をかけるということを、できるだけなくしたいって思ってると思うんだよね。暮らしていくことでいろいろお金がかかるし。」と言ってましたが、それも理由に入るのですか?

複合的な要因があると思います。 1.トレンドの変化 一番シンプルで大きな話ですが、ジーンズの質感や粗野なデザインが、時流から外れてしまいました。アメカジ、流行ってないでしょう? ジーンズ≒ヴィンテージとかレプリカとかでもなくなり、若いお客様は「赤耳とか、お父さんがそんなこと言ってました!」ですよ。 今の若い子にとってヴィンテージのイメージって、だいたい90年代前半のGUESSとかckあたりです。定義が変質し、ジーンズはデザインパンツの一バリエーションに過ぎなくなったんです。 ジーンズ自体が、ロック同様にユースカルチャーとしての役割を終え、おじさん(あるいはおじいさん)のものへと移り変わってきたんでしょうね。 20世紀半ばに若者、自由の象徴とされたものではあっても、それがいつまでもそうだとは限らないということです。 スキニーについては、00年代~10年代前半の流行アイテムということで、また別の文脈として解釈しています。ジーンズというよりスキニーであることが優先されますから。 2.ストレッチ素材の普及 1と重なる話で、この20年でストレッチ混素材が一気に普及したことで、本格デニムの硬さが敬遠されるようになりました。 ほぼ同時にイージーパンツのバリエーションが増え、穿き心地の楽なものに多くの人が慣れたとうのも無関係ではないでしょう。 ストレッチ入りデニムがあるじゃないかという話ですけど、あののっぺりとした風合いを好まない方は男女問わず少なくありません。 耐久性が低く、でろでろになりやすいですし。 ただ、これが若者の嗜好と直結するかと言えばそうでもない気がしてまして、当店の観測範囲ですが若い方は30代以上にくらべイージーパンツを手に取りませんし、また別の話かと思います。 3.ジーンズショップの激減 これもまたいろんな要素が重なった結果ですが、ジーンズショップが激減し、ジーンズ自体が身近な存在でなくなってしまいました。 若い方にとって一番有名なジーンズのブランドって、リーバイスじゃなくてユニクロなのでは。 大きいのはこのあたりじゃないですかね。 金銭的な事情はジーンズ離れに関してはあまり関係ないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク