3/25

8種体癖です。
ついついやりすぎてしまうあたり
最近これまで以上に疲れてしまうので
程良いところで立ち止まりたいのですが
疲れる前にとどまる見極めのコツ(ライン)はありますか?

今自分なりにしていることは
身体を整えるルーティーンを日々同じように続けて身体のセンサーを敏感にすることなんですが
頭(意識)が追いつかなくて(苦笑)
『ふんばれ〜』『もっとやれる』といったいったこころの声を緩めたいです。

これはハッキリお伝えできることがあって、心身の無意識の癖に対して、「引き算対応(やりすぎないように、よい加減にとどめる)」は、「まぁ、ムリーー(笑)」なんです٩( 'ω' )و ♪ 沢山の体癖学徒さんとご一緒してきましたが、自分の癖を「押さえよう・引き算しよう」として日常生活が上手くいった人、残念ながら1人もおりません^^(言い切った!笑) 心身の無意識の癖は、自意識さんの方が思っている以上に、でっかいです。何せ、あなたの心身をそのようにさせているもの、なので。 発想の転換をしていきましょう٩( 'ω' )و✨ 2ステップ! ①その「こころの声」、本当に内発的欲求ですか?本当にやりたいことですか?? よ~く観察してみてください。「ふんばれば、〇〇が得られる」「もっとやれば、××のためになる…。」は、全て外発的欲求^^ 本来のあなたの「こころの声」では無い可能性大です。(8種さんがいくら結果的に他者貢献的行動が多くても、です。それ結果論なんです。ここ重要!!) この時、助けになるのが、まさに今取り組んでおられる「身体のセンサー」に聴いてみることです(素晴らしい~✨)。 体は正直です。ほんとうにやりたいことであれば、「ふんばりたいから、ふんばる✨」「もっとやりたいから、やる✨」と、シンプルです。身体的「快」をイメージできていないならそれ、ハッキリ言って嘘です。 ②その上で、内発的な欲求に関しては限りなく体癖炸裂!で欲求を満たしてあげられるよう、自意識さんの方で日常生活をコーディネートしてあげましょう^^ 押さえるんじゃないです。逆なんです。 自由にのびのび、「ふんばって✨やりすぎちゃえる✨」ように、工夫する。 それは、やりたくないことをやめて、頑張りたいことに100%時間とエネルギーを注ぐことかもしれませんし、本当に注ぎ込める何かを見極めることかもしれません。肉体的エネルギーと時間は、有限ですもんね☆8種はふんばりたいんです。実感持ってやりきりたいんです。 心地よく、十全に、そのようにさせてあげてください(*^^)v ステップ①が鍵です!ぜひ丁寧に!やってみてくださいね(^O^)/✨ ご質問ありがとうございました☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク