1/26

価値観が合わない人と一緒にいようとする自分がいる」ということ。

人には二面性があるとユングの心理学でも言われていますが、

もう一人の自分がどういう思いを抱えているのか?を理解しないと、本当に望んでいる方向へは行けないようになってるのです。

上の記述についての質問です。宜しく御願い致します。
私の彼氏との関係が価値観が違いすぎるのに一緒に居たいと思う関係と言えます。
価値観が違うと言うのは私がそう思うことはあまりありません。
別の人から指摘を受け、そうなのかな?と疑問を抱きながら現在、質問しています。
周りから私を見ると、年齢や育った地域や家族関係が違い、それが言動によって現れていて、傍から見ている人は価値観が違うと思うようです。
私はこのようなかなり価値観が違う人と何年も一緒にいて、落ち込むことなどしばしばあります。
それに疲れて、関係を持つべきではないのかもとヘタレることもあります。
しかし、私が見捨ててはいけない!と思っている私も居ます。
鬱状態にある彼をどうにかしてあげたいとすら思います。
この相反する気持ちはなんなのでしょうか?
私の本当の望んでいる方向はどちらなのか、分かりません。

ご質問いただき、ありがとうございます^^ ユングの心理学にもあるように人には2面性があるので、こういった場合も前に進もうとする自分と、立ち止まろうとする自分がいることになります。 ただ、今回の立ち止まろうとする理由としては「周りから価値観が違うと言われる」と他人の思いが出てきているので、これは本当に立ち止まりたい理由にはなりません。 大事なのは「周りの人がどう思うか」ではなく「自分がどう思うか」。 まずは自分が立ち止まる理由を知ることが大切なんじゃないかなって思います。自分の2つの思いを知ることができれば、進むべき道は自然と見えてくるはずですよ^^ あとは周りの意見に流されやすいというのも、悩んでしまう根本の原因のようにも思います。 繊細人の在り方や周りに流されてしまう本当の理由、人の意見に惑わされない方法を知ればこの悩みは解消できます。 こちらに関しては個人セッションで詳しくお伝えしていますので、併せてご検討ください^^ https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください