5/1

キットカットのマーケティングでは販促をメインにせず、受験生を応援して成功を収めました。
そのようなユニークな事例は他にありますでしょうか?

質問いただきありがとうございます。 似た事例ではミネラルウォーターのボルヴィックの 「1L for 10L」 キャンペーンがありました。 https://www.unicef.or.jp/partner/event/volvic/ https://www.kirin.co.jp/company/news/2016/0407_03.html すでに終了していますが、ボルヴィックを 1 リットル購入すると、アフリカに住む人々に 10 リットルの清潔で安全な水が供給されるという Unicef との共同キャンペーンでした。 キットカットやボルヴィックの事例を抽象化すると、商品やサービスへの付加価値として 「意味合い」 や 「ストーリー」 を加えています。意味のイノベーションというアプローチがありますが (具体例はロウソクがもともとは明るくする役割だったが、現在はレストラン等でのロマンティックな雰囲気を出すために使われる) 、「意味のマーケティング」 ですよね。 着想を広げると、季節イベントにうまくマッチさせて意味合いを加えた以下も該当すると思いました。 ・バレンタインのチョコレート ・節分の恵方巻 (巻き寿司) ・古くは土用の丑の日のうなぎ (江戸時代に平賀源内が発案) ・年越しそば。蕎麦は他の麺類に比べて切れやすいことから、今年1年の災厄を断ち切る

スポンサーリンク

スポンサーリンク