6/6

おはようございます。
重田さんは作家のSNS等個人での活動に関しては割とおおらかというかそこまでは編集として見ていられないとある種の放任主義のように書かれてましたが(誤解がなければ)
特定アジア蔑視ヘイトスピーチによるアニメ化決定からの声優降板でアニメ化中止すら見えてきた「二度目の人生を異世界で」のトラブルを見て何か思うところはありますか?
今回の件もそんな作家の数年前のツイートなんか把握しようがないですし編集や出版社に何の罪もないですが作家個人の暴走でアニメ化がつぶされるような危険性があるなら今後何らか予防策を講じたりありえるんでしょうか。

1/9 こんばんは。 おおらかでも放任主義でもないです。そもそも出版契約に抵触しない限り、作家さんの私生活に口出しする権利も筋合いもないので何もしようがないのです。 以下個人的に思うところ。長いです。 防ぐのは困難だったろうと思います。

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください