1/4

三ヶ日の一番の思い出を

親が老いたと実感したのと、親を改めて尊敬する出来事が同時に起こったことですね。